母の日のギフトに♪感謝の気持ちをシルク(絹)で贈ってみませんか? | |

お気軽にお問い合わせください

0776–73–5258

母の日のギフトに♪感謝の気持ちをシルク(絹)で贈ってみませんか?
2018.04.18

大切に育ててくれたお母さんには、ちょっと上質な贈り物を

あと何年、お母さんと会話できるか考えたことはありますか?

極端な話ですが、もし明日お母さんが死んでしまったら何を一番後悔するでしょう?

きっと、生んでくれて、育ててくれてありがとうと伝えられなかったことじゃないでしょうか。もしくは、もっと親孝行すればよかったな…と思うかもしれません。だからなるべくいつも、大切に育ててくれた両親には感謝の気持ちは伝えておきたいものですよね。

でも心では思っていたとしても、感謝の気持ちを素直に伝えるのはちょっと恥ずかしいかもしれません。だったら、もうすぐやってくる母の日が「ありがとう」という気持ちを形にできる絶好のチャンスです!

母の日には1輪のカーネーションと、いつもよりもちょっと上質なプレゼントに手書きのメッセージを添えて贈ってあげませんか?きっと大事なお母さんの喜ぶ笑顔が見られると思いますよ。

 

「母の日」のはじまりについて

母の苦労を労り母への感謝を表す日として、世界中で行われている「母の日」。

日本やアメリカは5月の第二日曜日ですが、スペインや北欧など他の国は日付も異なるそうです。その起源は様々な説がありますが有力なのは「100年ほど前のアメリカ・ウェストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で赤いカーネーションを配ったのが始まり」と言われています。

2018年は5月13日の日曜日が日本の「母の日」になっています。今年はどんなギフトを贈ろうかなと計画しているなら、シルク(絹)のアイテムを贈ってみてはいかがですか?

 

 

シルク(絹)が母の日のプレゼントに最適な理由

肌に優しく低刺激

シルク(絹)の最大のメリットはその美しさだけでなく、赤ちゃんから大人までどんな肌質の方にも刺激が少なくて優しい素材だということです。シルクは(絹)人の肌と同じ18種類のアミノ酸(タンパク質)でできているので、たとえば敏感肌の方でも、アトピー体質の方でも天然素材100%のシルク(絹)なら大丈夫。安心してプレゼントすることができます。

だから下着など直接肌に触れるものこそシルク(絹)製品がおすすめなんです。しかも、保湿性や放湿性、抗菌性にも優れていますので、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。

 

女性なら誰もが喜ぶ、美肌効果や体の不調を改善する効果も!

さらに嬉しいことに!肌を美しくする効果があるのもシルク(絹)ならではのメリット。絹の布を肌に直接当てたり、髪に当てるだけで美肌や美しい髪質に変わっていく不思議な素材なんです。これは、シルクに含まれているアミノ酸の分子や電子が空気中を行ったり来たりできる働きによるものだそうです。

さらにはシルク(絹)には硫黄も含まれているため、温泉のように痛みを緩和したり、傷やニキビを治す効果もあるそうです。だからシルク(絹)アイテムは。いつまでも健康で綺麗でいてほしいお母さんには本当におすすめのギフトなんです。

 

上質な素材をまとうだけで自信がもてる

お母さんだって親戚の集まりや仕事、友人との会食など人と会う機会がきっとあるはず。そんな時にシルク(絹)のようなちょっと上質な素材を身につけていると自信を持ってお出かけできますし、「子どもからプレゼントされた」と自慢したくなるかもしれませんよ!

 

感謝の気持ちがずっと残る

ケーキやお菓子、お花もいいけど、食べてしまえばなくなるしお花も枯れてしまいます。シルク(絹)アイテムならずっと残ります。プレゼントされたシルク(絹)アイテムを使うたびにあなたの顔を思い出し、遠く離れていても、いつも近くで見守られている気分になるでしょう。

 

母の日におススメのシルク(絹)アイテムは?

社交的でオシャレ好きなお母さんに「シルク(絹)のスカーフ」

マンネリしがちなコーディネートに新鮮味を与えてくれるスカーフやストールは何枚あっても便利です。ちょっと肌寒い日に首元を温めたり、夏でも日除けがわりに羽織ったり、冷房が効きすぎているときに肩からかけたりと、一枚あれば本当に重宝します。

シルクのスカーフなら、その上品な光沢感でいつもの装いもパッと華やかになりますし、柔らかなで滑らかな肌触りでお出かけも快適になりますよ。

自転車や車に乗るお母さんに「シルク(絹)のアームカバー」

日差しが強くなってくると気になるのが紫外線です。ですが蚕の繭から作られる天然繊維のシルク(絹)は太陽の光を遮る性質がありますので、日よけ対策もバッチリです。肌が綺麗になる上に、つけ心地も滑らかなので、普段からよく運転したり自転車でお買い物に行くお母さんに贈ってあげてはいかがでしょうか。

冷え性のお母さんに「シルク(絹)のソックス」

夏は涼しく冬は暖かいシルク(絹)の靴下。冷え性で困っているお母さんの強い味方です。またシルク(絹)は吸湿性にも優れていますので一日中サラサラ。足蒸れを防いで快適に過ごすことができます。

敏感肌のお母さんに「シルク(絹)のキャミソールインナー」

敏感肌のお母さんには、素肌に直接触れるシルク(絹)の下着がおすすめです。特にこれからの季節はキャミソールインナーが大活躍。Tシャツや白シャツのインナーとして重宝します。保湿力もあり肌も綺麗にしてくれるシルク(絹)ですので、美容に関心の高いお母さんにもぜひ贈ってあげてください。

上質な睡眠をとってほしいお母さんに「シルク(絹)のパジャマ」

寝ている間に綺麗になれる。そんな夢のようなパジャマがシルク(絹)のパジャマです。滑らかで高級感のある素材は身につけているだけでゴージャスな気分に浸れます。そしてシルク(絹)のアミノ酸分子がしっとりすべすべの素肌に導いてくれて、美容液を着て眠るような上質な睡眠時間を送ることができます。

 

いかがでしたか?

もらって嬉しいシンプルで上質なシルク(絹)のギフトで、かけがえのないお母さんが笑顔になるような素敵な母の日を過ごしてくださいね。